株式会社ブルー・オーシャン沖縄

いま、自治体防災はDXで新たなステージへ

災害発生時の安否確認電話や共助、災害弱者への支援をシステムで強化・効率化する、自治体様向け防災DXソリューション群

自治体の災害対策においては、連絡体制の構築、防災行政無線や防災情報配信システムの整備、住民の避難訓練等の備えしかできていないのが現実です。

過去の大きな災害においては、情報収集の遅れや矛盾が最も被害を大きくした要因となっていました。しかし既存の通信インフラに依存した計画は改善されることなく、結果として災害発生時にはその計画がすぐに破綻。マンパワーで情報収集や安否確認を行わざるを得ない、という状況は変わることなくずっと続いていると言えます。

ブルー・オーシャン沖縄ではそのような課題をDXのアプローチで捉え、「共助」「安否確認」を軸にした防災DXソリューションを独自に企画、開発、ご提供しています。

自治体様向け導入実績

最新情報

NearLink

自治体における防災・共助を
DXで大幅に強化・システム化

自治体における防災・共助を
DXで大幅に強化・システム化

「ニアリンク」が導入された地域では、誰でも近くの災害弱者をスマホの地図で確認し、支援に向かうことが可能となります。自主防災組織を結成していなくても、有事の際に救助のための人手を集められ、かつ、避難状況のステータスを一元化できます。

ニアリンクは、あるべき共助の形をシステムで実現する、地域防災DX(デジタル・トランスフォーメーション)です。

詳しく見る

GrasPhone

   for 防災

災害時の安否確認を電話で自動化、
災害弱者の名簿作成もDXでシステム化

災害時の安否確認を電話で自動化、
災害弱者の名簿作成もDXでシステム化

「グラスフォンfor防災」は、電話を使った一斉安否確認システムと自治体向け防災コンサルテーションから構成される、統合型の防災DXソリューションです。

スマートフォンやフィーチャーフォン(ガラケー)、固定電話にも対応し、僻地での防災にも威力を発揮。マンパワーに頼っていた災害時の情報収集や安否確認の流れを大きく変えます。実績も多数ございます。

詳しく見る