防災計画は
命を救えるか。

防災に必須の概念である「共助」を、DXとシステムで強力に支援します

NearLink(ニアリンク)は、
”住民が互いに近くの人を助ける” という
最も効率的、かつ効果の高い避難支援の姿を実現します。

従来の防災計画だけでは実現が難しい「共助」をDXのアプローチで強力に支援。
災害発生時、 救助に参加できる近隣住民の力を集め
ひとりでも多くの住民の命を救います。

自主防災組織に変わるITソリューション

自主防災組織に変わる

ITソリューション

いま国が手引きなどを作り、自主防災組織づくりの後押しをしています。
しかし、なかなか思うように増えていないという状況があります。

一方、総論としては「地区防災」「地域防災」を強化することが目的であり、
自主防災組織はあくまでもその手段に過ぎません。

ニアリンクを導入することにより「自主防災組織を結成していなくても
有事の際に救助のための人手を集められ、かつ、避難状況のステータスを一元化できる」
という、地区防災・地域防災の全く新しい形がシステムで実現します。

1.
スマホで近くの災害弱者を確認、救助へ

誰でもスマホで近くにいる要避難支援者の位置を確認、救助に向かうことができます。

2.
支援状況は管理画面で即時に集計表示

救助の状況は常に管理画面でリアルタイム集計され、地図上に表示されます。

3.
グラスフォンと連携、要避難支援者をリアルタイム把握

グラスフォンfor防災」と連携することで、支援を必要としている人のデータをリアルタイムで集めることもできます。

ニアリンクによる共助の実現

ニアリンクによる

共助の実現

ニアリンクが導入された地域では、災害発生時に「救助活動が可能な住民」「救助を求めている住民」「自治体」がシステムを介して一体化し、共助を実現します。

最新情報

最新情報をもっと見る